インスタ活用術

専業主婦が始めたインスタグラムのフォロワーが4ヶ月で3万人になったお話⑩|フィード投稿の作り方で抑えたいポイント

インスタグラムのフィード投稿の作り方で抑えておきたいポイントをお話をしていきます。

 

Twitterを始めてから自分とは別ジャンルのアカウントを拝見する事も増えました。

節約・ダイエット・お得・お金などなど色々ありますよね。

 

ジャンルは違えどもバズる投稿をしている方や万を超えるアカウントの方には共通する事があるなぁと感じたので、

今回も私が経験した事や客観的に投稿を見た時に気付いた事、

そしてこんなところに気を付けて作って欲しいというポイントをお伝えしていきます。

 

1. インスタのフィード投稿は一つの投稿で完結するストーリー作りを

 

 

"続きは次回の投稿で" はちょっと待って

 

フィード投稿で目にするのが

 

"続きは次回の投稿で"

 

です。

 

しかし基本的にこの投稿方法、特にフォロワーさんの少ない時期はお勧めしません。

 

"あ、この投稿面白そう"

 

とハッシュタグや発見から皆さんの投稿を見つけて読み始めるとします。

 

画像をスライドし、ふむふむ!と思った最後のオチで

 

"続きは次回です"

 

と書かれていたとします。

 

皆さんならその投稿を保存したりいいねを押すでしょうか?

 

次の投稿なら次を見ればいいや、もしくは見なくてもいいやと思う事も多くありませんか?

 

結果、投稿を見た数字に対して何かしらのアクション率(いいね・保存・シェア・フォロー)が低いと

その記事がハッシュタグのトップ投稿や発見タブに出てくる可能性も減ってきます。

 

なぜこういった事が起こるのかというと、フォロワーの少ない初期の段階で誰が皆さんの記事を見る事が多いかを考えてみて下さい。

 

基本的にフォロワーが少ない時期は発見タブやハッシュタグ一覧からくる方

 

=フォロワーでない新規の方

 

が皆さんの投稿を見るという事。

 

初めて目にしたアカウントの投稿を見て、

続きを知りたいからこの人をフォローしようと思わせるのってとてもハードルが高くないでしょうか?

 

"よほど" その投稿に興味があり、

また続きを見たいと思わせるようなものである必要がありますよね。

 

それよりも1つの投稿を全力投球し、

"ふむふむ"

"なるほど"

"わかるわー(共感)"

"私もやってみたい"

"これ欲しい!"

という気持ちを掻き立ていいねや保存を押してもらう事。

 

そしてこの方の投稿は面白い・役に立つ・よかった!

と興味を掻き立て、

 

"他の投稿も役に立ちそう!見てみよう!

と誘導させる方がフォローされる確率は高くないでしょうか?

 

『でも言いたい事が多くて1回に書ききれないから何回かに分けてます』

 

という方もいます。

そんな時は、

初級編・中級編・上級編というようにそれぞれの投稿は完結しているけれどもシリーズ化をしてみると引っ張られている感じはしませんよね。

初級レベルで満足する人もいれば中級・上級まで知りたい人もいるはずです。

または○○向け、○○編のようにテーマを分ければ分けても違和感はありません。

 

あくまでも一投稿完結を目指し、応用編や番外編のように関連付けながら投稿を分けてみてはいかがでしょうか?

そうすると各投稿のエンゲージメントも上がりアカウント自体の力も強くなってくるはずです。

 

フォロワーさんが増えてきたら話は別ですよね。

母体が大きいのでゆかりのあるフォロワーさん達が読むケースが多ければ続きは次回としても問題ない事が多いのではないでしょうか。

 

ちなみに私の場合ですが、

今現在は超停滞期にいるためフォロワーさんに見て貰いフォロワーさん刺さる投稿でないといいねも保存も増えず、発見に載らない状況に陥っています。

なのでフォロワーさんに満足して貰う&ひとつひとつ完結させる投稿をしていかないと厳しいということです。

私のようにフォロワーさんに向けて投稿を作るのか、新規ユーザーに向けて投稿作るのかはアカウントや状況、時期によって異なります。

ご自身のフォロワー数や投稿を見ているのはどの場所からきているのかなどインサイトを見ながら検証してみて下さいね。

 

そしてこの "続きは次回" に関しての注意点ですが

"私のアカウントは続きは次回を使った方が良い!" という方も勿論いらっしゃると思います。

例えば経験談や体験談を投稿されている方、漫画投稿をしている方はそれに該当しますよね。

お話に沿った体験談や漫画を描いている方は1話で完結するのが難しいかと思いますし、いかに引っ張って続きを見てもらうかです。

ご自身のアカウントはどちらに該当するか、一度考えてみてくださいね。

 

インスタ記事からブログへの誘導はちょっと待って

 

ブログへの誘導の場合も "続きは次回へ" と同じ考え方です。

インスタとブログの関係性については別のトピックでも書く予定なのでここでは詳しく書きませんが、

インスタからブログにつなげるのはそう簡単ではありません。

 

よっぽどそのトピックが気になって詳しい情報を知りたい方でないとブログへの誘導はなかなか難しいです。

ここでも同じ事を言いますが特にフォロワーが少ない時期はフォロワーでない新規のユーザーに見られる事が多いです。

その方達は、

 

"ハッシュタグや発見から投稿を見つける→タップする"

ここから始まり、

"投稿を見る→続きや詳細はブログを見てねとプロフィール画面に誘導される→貼り付けているURLをクリック→ブログ内から記事を探す"

という工程を踏む必要があってとっても長いんです・・。

 

特に1万人になるまでの一番の目的はフォローをしてもらう事なのに、

出し惜しみをしたりブログに誘導してしまうとせっかく投稿を見てくれた方達の目をそらすことになるので大変勿体無いです。

見てくれる人の立場で考えるとインスタの中でお話が完結していた方が良いですよね。

 

ストーリーズの記事でも少し触れましたがフォロワーが増えれば後で誘導方法はいくらでもあります。

インスタも!ブログも!と思うのではなくまずはインスタ内で情報を完結してみてください。

 

ブログと同じ内容を書くのも正直面倒ですよね・・。

でもプラットフォームが別なのでユーザーも別なのです。

 

それぞれのプラットフォームでユーザーをケアしていく必要があるのではないでしょうか。

 

段々フォロワーさんが増えてくると、

こういう記事はブログを紹介しても見てくれるなとか、

この導線で誘導して行く(1万超えてURLスワイプ機能が使える)と見られやすいだろうなどが分かってくるはずです。

投稿のインプレッションやフォロワーさんの反応を見て行きながら、

その辺りは感覚で掴んでいってくださいね。

 

2. 役立つ投稿と自分目線の投稿の違いを今一度考えよう

 

これは私のブログの中で何度出てきたか分からないポイントですが、

人の役に立つ情報を発信していく事がインスタグラムでは最も重要だと思うぐらい大切だと考えています。

 

" 役立つ" の定義は難しいですがここでは過去のブログでも触れたように

 

"自分が発信すべき役立つ情報は何か"

を考えて欲しいです。

皆さんだから発信出来る役立つ情報がきっとあるはずです。

 

キラキラ投稿になっていない?

 

人に役に立つと思って発信している情報も見る人からするとキラキラに見えてしまう事って良くありませんか?

 

インスタグラムの投稿は芸能人やモデルさん・著名人であれば食べたものやファッションコーデ、行った場所をサラッと投稿するだけで話題になりますよね。

 

しかし一般の方達はここで勝負して数万を超えるアカウントを目指すのは正直難しいと考えています。

 

それはなぜかというと、

  • 単なるファッションコーデなら雑誌やモデルのアカウントをフォローすれば良い
  • 単なるおしゃれレストランレポートなら食べログや毎回ミシュランレストランで食事をしている方をフォローすれば良い
  • 単なるおすすめ宿の紹介なら毎回高級宿に宿泊している人をフォローすればいい
  • 高級品を買いましたという紹介なら毎日違った高級バッグを紹介してくれる人をフォローすれば良い

と、ちょっと極端ですがそう思ってしまいます。

 

実際に一般のレベルを圧倒的に超えた本物のキラキラな方がインスタグラムの世界では多くいらっしゃるんです。

 

なので自分では

"この情報をみんなに知って欲しい"

"知ったら役に立つと思って発信してる"

 

と思っていても、見ている人からは単にキラキラした投稿に見えてしまって

 

"貴方から知りたい情報はこれじゃない"

 

と出したい情報と相手が知りたい情報に差が出る事があるのではないでしょうか?

 

インスタグラムのアカウントを数万人に目指しセルフプロデュースを目指している方は、特にこの部分を気を付けて頂きたいです。

そして自分で自分をフォローしたいアカウントなのかを今一度客観視してみて下さいね。

 

より多くの方に役立つ情報を

 

じゃぁ日常で使っているものを出さないで下さいとか、

宿の紹介は意味がありませんと言っているわけではありません。

 

受け取る人が役立つ情報をとことん盛り込んで、

  • ここなら行ってみたい!
  • これなら買ってみたい!
  • これなら試してみたい!

とより多くの方がそう思える発信をしていく事がフォロワーを伸ばしていくポイントだと考えています。

どんなに役立つ情報だとしても1泊10万円する宿に気軽に泊まれる方は全体のターゲットの割合を見たら少数ですよね。

 

でも先日とても上手な投稿をしているなと思った方は、

"普段はちょっと手が出ないけど楽天トラベルでこんな風に予約するとこんなにお得に泊まれたよ!"

 

と一つ情報を入れるだけでも役立ち感が増し、"私も行ける!"と思える人は増えますよね。

]

同じ宿の紹介でも書き方一つでターゲットが広まり好感度が一気に広がりますよね。

 

ここでもヒントがあるのですが、

節約・お得・プチプラ・簡単・料理・時短のカテゴリー。

 

フォロワーが数万人いるアカウントの方ってこのキーワードで発信している方多くないですか?

やっぱり皆さん興味があるし好きなカテゴリーなんですよね。

そしてターゲットが広いという事。

これらの情報を盛り込んでいく事で親近感やお役立ち感がぐっとアップします。

 

共感してもらえる、納得してもらえる、買いたいと思ってもらえる層が世の中にはどのぐらい多いのか考えられれば、自ずとどんな内容を発信していけばフォロワー獲得に繋がるのか分かってくるはずです。

 

自分にしか発信出来ない役立つ情報ってどんなもの?

 

例えばママ向けの発信をしている人が子連れOKのレストラン情報を出すのであれば、

  • みんなが行きやすいコスパ良しの店
  • 何時に行くと空いているなどの情報
  • HPに書いていない情報(車で行くと道が狭いとか駐車場はここがおすすめなど)
  • 子連れだとおむつ替え場所やハイチェアの有無などママに役立つ情報
  • 入り口に階段があったよなどの情報(ベビーカーママには結構重要)

などとにかく見ているターゲットが参考になる情報・そして知らなかったよ!という役立つ情報はママでしか分からない目線ですよね。

行った自分だから分かる、同じママさんならこれ知りたいだろうなと思う情報をと・こ・と・ん!!盛り込んで出してみてください。

 

電車で行った時に通り道に階段があってベビーカーでは大変だったとか、

この出口から行くとスムーズだよとか、

レストランの情報以外の気づきも本当に些細な事なのですが、見ている人からは助かります。

 

食べログなどのグルメサイトに書いてある事、

検索したらすぐに出てくる情報では満足されません。

 

それが一般の人をフォローする目的なのかなぁと個人的には思います。

 

ただレストランや宿の情報も地域が限定されてしまうと皆さんが行けるわけではないのでターゲット枠が狭まってきます。

 

ある程度フォロワーさんが多くなったなら、全国のレストラン情報をフォロワーママから集めて発信していくとか、同じレストランでも0歳を連れていくのと2歳を連れていくのは大きく違うのでその違いを書いてみるとか、広げ方は沢山あるはずです。

 

何でもかんでも情報を盛り込めば良い訳ではありませんので皆さんがターゲットとしている方達向けの情報を集めて下さいね。

 

ではどのように盛り込んで行くのか。

どうしたら分かりやすく伝わるのか。

人の役に立つレベルの情報ってどの程度なの?

というお話は次以降の項目で細かくお話して行きたいと思います。

 

3. フィード投稿はプレゼンを作るイメージで

インスタグラムで活躍している方の投稿を見ると、

一つ一つの投稿がプレゼン資料のように見えてきました。

 

クライアントにプレゼンするような資料をかっちり作っているという事ではありません。

投稿内容はそれぞれですが、投稿を見ていくとプレゼンに必要な内容が盛り込まれ一連の流れが出来ているケースが多いです。

 

  • 1枚目:この投稿のタイトル
  • 2枚目:この投稿は何について書いているかを簡単に説明
  • 3〜8枚目:メインの内容(10枚使い切らない場合はここを短縮)
  • 9枚目:まとめ
  • 10枚:読み手に起こしてほしいアクションを入れて締める

 

というような構成ですね。

 

たまにスワイプしようとしたら次のスライドがない時や、

あれどこで終わりなのかな?と思って画像と文面を行き来する事があります。

 

これは避けたいケースですよね。

 

インスタに関しては文面よりも10枚の正方形のスライドを最初に見る事が多いので

簡易的でも良いのでその10枚の中で読めば内容が分かるものを作り上げて欲しいです。

どうしても長くなりそうな場合はキャプション内で補足をしてあげると良いですね。

 

たまに投稿を見ていると、今何について読まされているのか分からなくなって混乱したり、

最後のスライドはカッコよく作り込みされていてもそこまで到達しないこともあります。

誘導がきちんと出来ていないと最後のページまで行かずに読むのをやめてしまうことも多いです。

なので10枚の正方形でどのように構成をして最後のページまで見てもらうかはとても大切なのでしっかりと起承転結がついた投稿を心がけて欲しいです。

 

 

ここから私のホラー投稿をお見せしたいのですが、

私も初期の頃は薄っぺらい投稿ばかりしていていました。

こちらが一番最初に投稿したおうちあそびです。

 

この投稿をInstagramで見る

 

じママの全力育児@おうち遊びから学ぶ知育とモンテ(@gmamanoikuji)がシェアした投稿 -


トップ画像の次をスライドすると2枚目におうち遊びの作り方や材料について書いてますよね。

 

見ている人からすると

 

"いきなり何の話?"

 

状態です。

この投稿は何についてでどんな事を書いてますという説明(イントロ)が2枚目にくるべきだったのにすっ飛ばしています。

 

そしてこちらは最近の投稿です。

 

 

この投稿をInstagramで見る

 

じママの全力育児@おうち遊びから学ぶ知育とモンテ(@gmamanoikuji)がシェアした投稿 -

 

完璧ではないものの、初期の投稿と比べて一通り話の流れが出来ていますよね。

そして終わりのページもどんなアクションをして欲しいか分かるようにしています。

このように誰でも見た人が何について書いてあって何について学べる投稿なのかが分かるようになっていると、いいねや保存がされやすくなるのではないでしょうか。

 

例えば漫画を投稿している方も同じだと思うんですよね。

タイトルは何についてのものなのか。

2枚目は前回どんな事に触れていたっけというリマインド

3から本題に入り、最後は締めや続きが気になるように終える。

 

というように起承転結がしっかり出来ている投稿は見ていて分かりやすいですよね。

皆さんの投稿はどうでしょうか?

一度振り返ってみてくださいね。

 

 

4. 人に役立つ投稿のヒントはテレビショッピング

 

何度も『人に役立つ投稿を』とお伝えしていますが、

ではどんな情報をどのぐらい盛り込んだらいいの?

というお話をここでしていきます。

 

まずは皆さんの投稿を見た時にどんなアクションをして貰いたいかです。

最終的にあるのは『フォロー』ですよね。

  • 共感した!
  • 知らなかった!
  • やってみたい!
  • 買ってみたい!
  • 試してみたい!
  • 行ってみたい!

これらの衝動を掻き立てられた時に、

この方のアカウントは役に立つ=フォローしてもっと学びたい

に繋がるのではないでしょうか?

 

ではその衝動を掻き立てるためにはどんな情報を盛り込んだら良いかです。

 

私は投稿のヒントはテレビショッピングにあるなといつも思っています。

テレビショッピングでは掃除機や洋服、宝石やサービスを販売していますよね。

テレビを見るだけで電話をして商品を買いたくなるのは、

商品を試していない・手にとっていない人でも魅力や概要が理解出来るような細かい説明だからではないでしょうか。

 

例えばプチプラのバッグをインスタで紹介するとします。

バッグ1個取っても

  • 大きさ
  • 値段
  • 軽さ
  • 誰に向いてて誰に向いていないのか
  • 中に何がどのぐらい入るのか(実際に物を入れてみた)
  • メリットデメリット(思ったより物が入らない・)
  • 持った時のイメージ
  • 他社との比較

などなどいろんな事が盛り込めますよね。

動画だって使えます。

 

"欲しい!今度買いに行こう!"

と行動に移そうと思わせたらその投稿内容は満足される

=いいねや保存・フォローにつながる可能性が高いわけです。

 

ぜひみなさんも、

"実際に手に取ったことのない人や行ったことのない人に魅力が伝わる投稿作り"

を実践して欲しいと思います。

 

テレビショッピングと違うところ

テレビショッピングのように見ていない人に色んな角度で物事を伝えてほしいと言いましたが、テレビショッピングと違うところが2つあります。

 

1つは

"私には合わない"

"私はしない"

 

という結論を引き出すのも成功のうちだということ。

買った後に後悔するより買う前に判断出来る材料になった事も人の役に立っていますよね。

 

私のアカウントのおうち遊びで例えると、

  • どこでそのアイテムを揃えられるか
  • 代用できるものはあるか
  • 月齢に合わせたそれぞれの遊び方
  • 準備の時間
  • 片付けの大変さ
  • どんな人に向いているか
  • 子供が遊んだ時の実際の反応

これらを盛り込むようにしています。

 

『これならうちでも出来そうです!』

という方もいれば

『うちの子にはちょっと早いので先に取っておきます』

とコメント下さる方もいますが、

私の中ではどちらのコメントも引き出せた事は記事としては成功していると考えます。

きちんとデメリットやこんな人には合わないと伝えていくことは

インスタの投稿では必要ではないでしょうか?

 

2つ目に違うところは、顔出しが必要ないという事です。

テレビショッピングは常に動画でアンミカさんのような素敵な方が服やアクセサリーを着けてより素敵に見えるように映るという効果がありますよね。

 

しかしインスタグラムの良いところは顔を出さなくても見せ方によって、

発信内容によって顔や年齢・資格は関係なしに活躍する事が出来ます。

 

それは

役に立つ発信を誰よりも丁寧に分かりやすく上手に届けられていれば誰であろうが関係ないという事です。

そして発信しているターゲットに刺さる発信をしていれば関係ないということです。

私も顔出し一切していませんし資格もありません。

 

逆を言えば内容がしっかりと盛り込まれていないと

フォロワーさんもついてこない、、と言うことですね。

 

内容で勝負です!

 

5. 投稿の画像とキャプションの作り込みについて

今までのお話では以下の事をお話してきました。

  • 1投稿で完結させてみよう
  • 自分目線でなく客観的に必要とされる情報を発信しよう
  • 人に役立つ情報を惜しみなく出そう
  • 実際にやってみたい買ってみたいをユーザーから引き出そう

 

最後の項目は、実際に投稿作り込む時の注意ポイントとおすすめしたい確認方法です。

 

画像内テキストとキャプションのバランス

ここではややこしくならないよう

  • 正方形の画像のなかに盛り込むテキスト=画像内テキスト
  • フィード投稿のテキスト文面=キャプション

と呼ばせてくださいね。

画像で見せるとこうです↓

 

 

画像内テキストの文量とバランスはとても難しいです。

全く入っていないと投稿内容が分からないですし、

入りすぎても読む気を失ってしまう。

 

投稿内容にもよりますが画像内テキストとキャプションのテキストバランスは色んなケースがあります。

  1. 画像のみでテキスト入れずキャプション内だけで投稿を説明
  2. 一部画像内テキストを入れキャプションに詳細説明
  3. 画像内テキストがメインでキャプションは省略説明
  4. 画像内もキャプションも同じ文面を入れる

本当にその投稿内容によるのでどれが良いという答えはありません。

しかし画像内のテキストが多すぎても読まれにくい場合もあれば情報がなさすぎても分からない。

 

これもプレゼン資料と似ているところがありますが、

大切なポイントをビジュアルで見せて補足をテキストで入れて行く。

この絶妙なバランス構成が上手な方や

画像内テキストが多くても読んでて飽きない投稿を作れる方はフォロワーがつきやすいと思います。

 

ちなみに私はこの部分が大の苦手です。

テキストに盛り込まないと不足があるんじゃないかと思って何でもかんでも入れ込みたくなる損切り出来ない人間です。

 

ストーリーズも長すぎてフォロワーさんに

『どうしてじママさんのストーリーズは文量が多いんですか?毎回ついていけません』

とコメントを頂いたこともあります。

 

そんなこんなで私もこの部分は試行錯誤の繰り返しなのですが、

文量が多いか少ないか分からない、

そして説明が足りてる足りてないかがご自身で分からない場合は以下の2つの方法を試してみてください。

 

1. 投稿の確認はLINEのKeepメモを使ってみよう!

 

最近LINEに追加されたKeepメモは使っていますか?

自分専用のメモとして自分宛に投稿するアカウントがあります。

私は一度投稿画像が出来た後にこのKeepメモに全ての投稿を送って自分でスライドを確認しています。

 

スマホのアルバムの中にあると分かりづらいので、ここに一旦送って読み返します。

  • 誤字脱字がないか
  • 内容が繋がっているか
  • 画像だけで言いたいことは伝わっているか
  • 文量多くて見ていて飽きないか

このチェックをするだけでも、

2枚目と3枚目の繋がりがなんか違和感あるなーとか、

なんか話いきなり飛んでない?

とか、

文が多すぎる

など客観的に見る事ができています。

 

LINEのKeepメモはこちら↓

 

このように出来たものを送り、変だと思ったらまた修正して送るを繰り返しています。

面倒ですが、出来た!!と思っても色んな気づきがあるのでおすすめ方法です。

 

2. 家族に送って見てもらう

これは私がじパパ(夫)に毎回お願いしている事ですが、

自分でKeepメモを見てOKと思った後はじパパに確認してもらっています。

 

自分ではこのニュアンスで通ると思っても、

 

全く知らない人が読んだ時にこれなに?と言われるケースが多いです。

読む気になるか、読んでて疲れない文量かも見てもらっています。

 

ここでまたじパパのダメ出しが入るのですが、

言われればそうだなーと思う事、多いです。

ご主人だったり奥様だったり兄弟だったり。

もし見てくれる方が近くにいらっしゃる場合はチェックしてもらうと良いと思います。

 

じパパは遠慮なく、

『言ってる意味が分からない』

『この一言は余計』

『これじゃ伝わらない』

『上から目線』

『長すぎて読む気になれない』

 

とズバズバ毎回指摘してきます。

でもこれはフォロワーさんから見たらそう見えるんだろうと思って素直に受け止めています。

 

客観的に見ないと分からない事って多いですもんね。

 

近くにそういう方がいらっしゃらない場合は、

Twitterやブログ仲間の方とお互いに意見を言い合う場を設けてもいいと思います。

添削や相談って別にフォロワーの多い人だけにしてもらう事ではないと思うんです。

色んな人が見てくれて色んな意見があるわけです。

 

"指摘"を受ける事は傷つく事も多いですが受け入れる勇気も必要です。笑

 

その指摘が見ている人の本心なら受け入れたほうがより安全で、

独りよがりなホラー投稿をし続ける事の方がよっぽど危険です。

 

私は毎日毎回、じパパの洗礼を受けてます。

 

もし手加減なしのじパパのストレートパンチ相談が必要な

勇気のある方はDM下さいね。笑

(覚悟がないと砕け散ります笑)

 

 

まとめと次回のお話

いかがでしたか?

投稿の作り方は本当に様々なのでこれ!

という内容はないのですが、少なからず人の目線に立ってどんな情報があれば満足するのかを客観的に見ていけば素敵な投稿を発信出来ると思います^^

 

次回はインスタと楽天ルームの関係性や私が楽天ルームをどう使って来たかを細かく書いて行こうかなと考えています。

またお知らせしますねー!

 

-インスタ活用術

error: Content is protected !!

© 2021 全力育児Tips